アルミニウムの特性と用途
鋼 種特 性主 用 途
A1050 純度99.50%以上の純アルミニウム材料です。加工性、耐食性、溶接性、表面処理性、電気伝導性、熱伝道性に優れていますが、 強度が低いので構造材には適しません。 導電材、ネームプレート、装飾品、フィン
A1100 純度99.00%以上の純アルミニウム材料です。A1050の特性を持ち結晶粒子が小さく、加工による肌荒れが少なく、成形加工性 に富み、溶接性、耐食性に優れています。高純度アルミニウムに比べて強度はやや高いです。 台所用品、フィン、キャップ、印刷材、建材
A2017 Al-Cu系合金です。ジュラルミンの名称で知られる高力材料です。鋼材に匹敵する強度をもちますが、耐食性に劣るので、 防食処理を必要とします。切削性は良好ですが、溶接性に劣ります。 航空機、ギヤー、油圧部品、ハブ
A5052 中程度の強度をもった最も代表的な合金で、耐食性、加工性が良い、特に強度の割に疲労強度が高く、 耐海水性が優れている。 一般板金、船舶、車輌、建築、缶エンド、ハニカムコア
A5056 耐食性に優れ、切削加工による表面仕上がり、陽極酸化処理性とその染色性が良い。 カメラ鏡胴、通信機器部品、ファスナー
A5083 溶接構造用合金。実用非熱処理合金の中でもっとも強度の高い耐食材料で溶接構造に適する。 耐海水性、低温特性も良い。 船舶、車輌、低温用タンク、圧力容器
A6061 熱処理型の耐食性合金。T6処理によりかなり高い耐力値が得られるが、溶接継手強度が劣る ためボルト、リベット構造用に主用される。 船舶、車輌、陸上構造物
A6063 代表的な押出用合金。6061より強度は低いが、押出性に優れ、複雑な断面形状の型材が得られ、 耐食性、表面処理性も良好。 建築、ガードレール、車輌、家具、家電製品、装飾品
A7075 アルミニウム合金中最強の強度を有する合金の一つである。超々ジュラともいわれ航空機材、 機械、スポーツ用品等に広く使用されています。但し、応力腐食割れ性、耐食性には注意が必要です。 航空機、スキーストック